OKADAI BIOBANK 岡大バイオバンク
menu
お知らせ

膵癌患者における血漿中KRAS遺伝子変異の検出と予後に関する検討

膵癌におけるCirculating tumor DNA(ct-DNA)として血漿中KRAS遺伝子変異が高精度バイオマーカーとして注目されている.本研究は岡山大学バイオバンクに既に保管された試料を用いた試料解析研究として実施予定であり、膵癌切除患者の術前・術後血漿から血漿中KRAS遺伝子変異検出を行い、術前後のKRAS遺伝子変異検出の変化と予後との関連を明らかにする。