menuclose
研究者の皆様へ

保管試料情報

保管試料数の一覧(毎月更新)はこの下にあります。
※ 検体処理について岡大バイオバンクのSOP(標準プロトコール)が必要な場合は、お問い合わせフォームよりお声がけください。
 
 
岡大バイオバンクでは、主に血液(血清、血漿、末梢血単核細胞PBMC)、組織(新鮮凍結、RNAlater、PAXgene)、尿体腔液(胸水、腹水、気管支肺胞洗浄液BALF)を保管しています。それ以外にも、腫瘍浸潤性リンパ球(TIL)なども保管しています。現在の保管状況は下の一覧表をご覧ください。また、ペア検体(腫瘍組織と正常組織、組織と血液、TILと血液など)や同一症例で複数回の採取がされた検体(治療前後など)もあります。詳細はお問い合わせフォームよりご質問ください。
 
血液
臨床検査のための採血と同時に、岡大バイオバンクのための血液を増量して採血しています。同じタイミングで採取をした組織やTIL(腫瘍浸潤性リンパ球)とのペアになっているものも多くあります。
組織
検査や診断、治療のために採取した組織の一部を岡大バイオバンクに保存しています。可能な限り、同じ組織を凍結・RNAlater・PAXgene(PFPE)の3種類に分割して保存しています。※現在、新規の検体については凍結のみ保存をしています。
尿・体腔液
検査や診断、治療のために採取した尿、胸水、腹水(術中腹腔洗浄液を含む)などの一部を岡大バイオバンクに保存しています。尿は、多くは随時尿ですが、24時間蓄尿の保存もあります。
保管試料数
血液 尿 体腔液・洗浄液 組織
血漿 血清 PBMC buffy coat TIL 尿 胸水 腹水 気管支肺胞洗浄液 凍結 RNAlater PAXgene その他
すべて 10060 1997 8384 9805 33 1886 55 248 188 5347 3267 6363 0
健常者 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
その他 11 7 7 11 0 2 0 0 2 2 2 2 0
A00-B99 感染症および寄生虫症 5 1 5 5 0 1 0 0 12 4 4 4 0
C00-D48 新生物<腫瘍> 8014 891 6825 7997 33 707 55 240 30 4911 3142 5649 0
C15-C26 消化器の悪性新生物 3527 171 2843 3524 0 495 0 222 0 710 495 963 0
C30-C39 呼吸器及び胸腔内蔵機の悪性新生物 2424 123 2210 2420 33 0 43 2 21 1560 979 1896 0
D50-D89 血液および造血器の疾患ならびに免疫機構の障害 19 11 20 19 0 13 0 0 43 0 0 0 0
E00-E90 内分泌,栄養および代謝疾患 229 152 254 230 0 162 0 0 0 25 21 28 0
G00-G99 神経系の疾患 15 7 14 15 0 3 0 0 0 12 7 11 0
H00-H59 眼および付属器の疾患 1 1 2 1 0 2 0 0 0 0 0 0 0
H60-H95 耳及び乳様突起の疾患 1 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0
I00-I99 循環器系の疾患 513 37 195 290 0 169 0 0 0 55 39 55 0
J00-J99 呼吸器系の疾患 108 104 100 108 0 5 0 0 91 41 28 38 0
K00-K93 消化器系の疾患 132 258 108 133 0 6 0 2 0 11 2 2 0
L00-L99 皮膚および皮下組織の疾患 24 19 37 24 0 6 0 0 0 2 0 2 0
M00-M99 筋骨格系および結合組織の疾患 176 377 440 162 0 347 0 0 6 1 1 1 0
N00-N99 尿路性器系の疾患 75 11 67 74 0 87 0 0 0 13 4 157 0
O00-O99 妊娠,分娩及び産じょく<褥> 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 0 4 0
Q00-Q99 先天奇形,変形および染色体異常 221 1 28 236 0 12 0 0 0 235 5 262 0
R00-R99 症状,徴候および異常臨床所見・異常検査所見で他に分類されないもの 271 22 23 271 0 9 0 6 2 13 6 14 0
S00-T98 損傷,中毒およびその他の外因の影響 15 0 8 8 0 10 0 0 1 7 2 21 0
Z00-Z99 健康状態に影響をおよぼす要因および保健サービスの利用 162 1 129 159 0 236 0 0 0 6 0 108 0

※「腹水」には「術中腹腔洗浄液」も含まれます。

※ ここに掲載されていない生体試料もございますので、お問い合わせフォームよりご相談ください。

※「バイオバンク横断検索システム」では岡大バイオバンクの試料・情報も検索していただくことができます。

 
検体保存方法
血液
 
1
血清
上清を500 μLずつ分注し、液体窒素(気相)で保存。
 
2
血漿、バフィーコート(buffy coat)
上清を500 μLずつ分注し、液体窒素(気相)で保存。バフィーコートを–80℃で保存。
血漿用の抗凝固剤はEDTA-2Naです。
 
3
細胞
未梢血単核球(PBMC)を分離し、生細胞として液体窒素(気相)で保存。
細胞用の抗凝固剤はEDTA-2Kです。
組織
 
1
凍結保存
最大5 mm角に細分化し、液体窒素(気相)で保存。
 
2
RNAlater保存
RNAlater保存液で固定後に、–80℃で保存。
RNAlaterの新たな保存は、中止いたしました(2020年5月末)。
 
3
PFPE(PAXgene-fixed paraffin embedded tissue)保存
PAXgene液で固定後、パラフィン包埋ブロックを作成し、–80℃で保存。
※PFPEの新たな保存は、中止いたしました(2022年7月)。
 

Snapshot of OKADAI BIOBANK