OKADAI BIOBANK 岡大バイオバンク
menu
お知らせ

欠損歯と遺伝子変異に関する研究

先天的な永久歯の欠如、特に多数歯に及ぶ欠損を伴う患者は、重篤な咀嚼障害や審美障害等を呈するため、矯正歯科治療において難症例となっている。そこで、当院を受診した永久歯の先天性欠如を有する患者を対象として、血液試料からゲノムDNAを解析することで遺伝子の変異を探索する。また、同定した変異が歯の形成において、どのような影響を及ぼすのか分子レベルで解明する。