OKADAI BIOBANK 岡大バイオバンク
menu
医療発展のための研究開発基盤として
医学の進歩により、様々な病気の治療成績が向上してきました。この進歩は、これまでの研究による発見から新しい医療技術・治療薬などが開発された結果です。これらの発見の中には、患者さんの検体(血液、組織など)を利用して行われた研究成果が数多くあります。検体は患者さんからの貴重なメッセージとも言えます。私たち岡山大学病院バイオバンク(以下、岡大バイオバンク)では、医学研究を推進するための研究基盤として、患者さんの生体試料と診療情報を管理・利活用し、一歩進んだ医療を提供をすることを目指しています。
詳しい内容を見る
ー般の皆様へ
新しい医療技術・治療薬などの開発を推進するために、岡大バイオバンクでは、手術や検査で採取した試料(組織・血液・尿など)や診療情報(受診された際の治療や検査の記録など)を提供していただけるよう皆様にお願いしております。ご理解をいただき、岡大バイオバンクへのご協力をご検討いただけますと幸いです。
研究者の皆様へ
岡大バイオバンクは、新しい医療技術や治療薬などの開発を推進するための研究基盤として設立されました。こうした研究開発には、国内外の大学や研究所等の研究者および製薬企業などの民間企業の研究者の協力が欠かせません。岡大バイオバンクの趣旨をご理解いただき、医学・創薬研究への活用をご検討ください。
お知らせ