OKADAI BIOBANK 岡大バイオバンク
menu
お知らせ

高安動脈炎患者における治療前後のサイトカイン産生変化の観察研究

高安動脈炎(TAK)は大血管を中心とした血管炎で、ステロイドを中心とした治療を行うが、免疫抑制剤の併用が必要となる症例も多い。既存の免疫抑制療法に治療抵抗性を示す難治性のTAK患者に対して、すでに関節リウマチ等で有効性が報告されている製剤を投与し、治療反応性や投与前後のサイトカインを比較することで、有効性、およびTAKの病態の一端を明らかとすることを目的とする。