OKADAI BIOBANK 岡大バイオバンク
menu
お知らせ

膵癌における耐糖能異常発症分子機構の解明と新規バイオマーカーの同定

膵癌が分泌する何らかの因子やmicroRNAが糖代謝を制御しており、その発現の変化が糖尿病を発症、悪化させている可能性が考えられている。当院で膵切除をうけた膵癌患者を術前の耐糖能別に分類し、それぞれの血液や切除標本からRNAを抽出し、RNA発現パターンの解析を行い、膵癌による耐糖能悪化の分子機構を明らかにし、膵癌の早期発見のためのバイオマーカーの同定を行う。