OKADAI BIOBANK 岡大バイオバンク
menu
お知らせ

肺腫瘍、胸腺腫瘍患者の臨床検体(組織や血液など)を用いたゲノムプロファイリングに関する研究

本研究では、大阪大学医学部附属病院を主管機関とし、岡山大学 呼吸器外科を含む共同研究施設の肺腫瘍、胸腺腫瘍の患者を対象に、腫瘍・非腫瘍組織、血液検体の遺伝子プロファイリングを行い、解析結果と臨床情報との関連を検証することにより、腫瘍発生メカニズムの解明、治療効果および合併症と関連する遺伝子変異などの遺伝子異常を同定することを目的としている。