OKADAI BIOBANK 岡大バイオバンク
menu
お知らせ

悪性腫瘍ならびに肺疾患患者におけるDAMPs (damage-associated molecular patterns : 起炎性因子)とその受容体の発現検討

感染や組織障害時に放出されるDAMPsは、炎症性サイトカイン・ケモカインの産生や獲得免疫の活性化を誘導する。その炎症反応が過剰に持続的に続いた場合、発がん・炎症性疾患や自己免疫疾患の発症の原因となる。本研究では、悪性腫瘍と肺疾患に関してDAMPsとその受容体の発現を調べ、各疾患における発現プロファイルと誘導される炎症性サイトカインを同定する。