OKADAI BIOBANK 岡大バイオバンク
menu
お知らせ

悪性度の異なる非小細胞肺癌の種々の症例の血漿・腫瘍検体の解析

個々のがん細胞には均一ではなく個性があり、中でも腫瘍の源としてがん幹細胞の存在が知られています。このがん幹細胞が、腫瘍の発生や再発・転移に関わると考えられている。このがん幹細胞の性質を十分理解するために、種々の腫瘍検体や血漿の解析を行う。