OKADAI BIOBANK 岡大バイオバンク
menu
お知らせ

岡山大学病院バイオバンク検体を用いた既存シーズの発展と新規シーズの探索に基づいたがん免疫療法の開発

社内研究において同定または設計するがん治療薬候補物質の開発または新規標的シーズ探索のため、岡山大学病院バイオバンク検体を用いた評価を実施することを目的とする。がん患者由来の生体組織を用いて、候補薬の評価や病態解析を実施し、その成績を得ることは、動物実験では得られないヒト臨床における効果を予測するためには必須であり、画期的ながん治療薬の開発にとって重要である。