OKADAI BIOBANK 岡大バイオバンク
menu
お知らせ

岡山大学病院バイオバンク収載の肝内胆管癌の臨床腫瘍検体における薬剤標的遺伝子変異の研究

開発中の分子標的薬の治療標的となりうる遺伝子変異の胆道癌における存在を検討するために,岡山大学病院バイオバンクから分譲された腫瘍検体から核酸(DNA,RNA)を抽出する.得られた核酸は次世代シーケンサーを用いた遺伝子測定を実施し,治療標的となりうる遺伝子変異の有無を確認する.