OKADAI BIOBANK 岡大バイオバンク
menu
お知らせ

尿中代謝物によるがん検査の研究

これまでの腫瘍マーカは主に血液が用いられてきた。しかし、がん検査の受診率が上がらないのが日本における大きな課題である。この主な理由は検査を受ける時間がないということであり、そのため、尿検体を用いて病院に行かなくともがん検査が受けられるようにすることが、本研究の大きな目的である。