OKADAI BIOBANK 岡大バイオバンク
menu
お知らせ

妊娠糖尿病における耐糖能異常発症分子機構の解明

妊娠糖尿病と診断される方は全妊婦の12%程度と非常に多く、妊娠中の高血糖は母体および胎児の合併症の危険が高くなり、母児ともに将来、糖尿病を発症する危険が高くなります。妊娠中に血糖値があがることについては、これまで胎盤から分泌されるホルモンが影響しているということがわかっていますが、その詳しい発症機序はわかっていません。この研究の目的は妊娠糖尿病がおきる詳しい機序を解明することです。