OKADAI BIOBANK 岡大バイオバンク
menu
お知らせ

全身性エリテマトーデス患者を対象としたバイオマーカー研究

日本人の全身性エリテマトーデス(SLE)患者および比較対照となる非SLE患者の試料を用いて,病因の候補と考えられるタンパク質の量を比較するとともに,DNAを用いて遺伝子バイオマーカーを,T細胞,B細胞並びにヒストンに関してより詳細に解析する。