OKADAI BIOBANK 岡大バイオバンク
menu
お知らせ

プラーク内ゲノムDNAと歯周病との関連ーショットガンメタゲノムによる解析ー

近年次世代シーケンサーが普及するにつれ,腸内細菌叢の解析などに目覚しい成果を上げており,本研究ではNGSを用いたショットガンメタゲノム(SGM)により,従来解析の対象とすることが困難であった細菌やウイルスを含めて,プラークを解析する。全身疾患のない歯周病患者と,免疫機能の低下を伴うダウン症候群患者を対象として,これまで研究されていない細菌やウイルスなどと歯周病の関連を明らかにする。