OKADAI BIOBANK 岡大バイオバンク
menu
お知らせ

ヒト腹部大動脈瘤での蛋白発現の研究

大動脈瘤は形成の機序解明が必要とされる疾患の1つである。マウスでは多くの研究がなされているがヒトの検体を用いた研究は少ない。そのため正常では認めないもしくは少ないと考えられる大動脈瘤中の蛋白発現(マウスで検証された内容を含む)について免疫組織化学染色を用いて調査する。