OKADAI BIOBANK 岡大バイオバンク
menu
お知らせ

がん患者検体(末梢血単核球、腫瘍浸潤リンパ球)を用いたシーズの薬効評価

ヒトがん病態の特殊性、がん治療により発生するようなストレス下にある患者免疫細胞での評価は、動物モデルや健常者検体から得られた細胞と比較して、より正確な薬効の評価になり得る。本課題では、開発中のがん免疫薬剤の価値(薬効及び毒性)について、同検体を用いて早期見極めを行う目的とする。投薬前に解析可能であれば、より確度の高いヒトでの薬効予測に繋がり、将来治療効果の高い、安全な薬の創出に繋がると期待される。