OKADAI BIOBANK 岡大バイオバンク
menu
お知らせ

「新薬創出を加速する人工知能の開発」事業におけるomicsデータの解析研究

肺がんを含め、有用な治療法が存在しない難治性の呼吸器疾患の新規治療法を見つける人工知能(AI)技術を開発している。タンパク質や遺伝子に関する文献情報や各種データベースの情報に加えて、高品質の臨床サンプルを岡山大学バイオバンクから購入し、オミックスデータを取得する。開発したAIを用いて肺がんに特徴的なタンパク質を見出し、再発、合併、予後予測や治療に役立てる。