OKADAI BIOBANK 岡大バイオバンク
menu
一般の皆様へ

ご協力のお願い

バイオバンクとは?

バイオバンクとは、みなさまからご提供いただいた血液、組織、尿など(これらを生体試料と呼びます)を治療や検査の記録など(これらを診療情報と呼びます)とあわせて保管・管理し、医学の研究に活用する仕組みのことです。ご提供いただいた生体試料と診療情報は、病気の予防・診断・治療にわたる多くの研究開発を支える貴重な資源となります。そして、その研究の成果は、未来のより良い医療につながることが期待されます。

なぜバイオバンクが必要なの?

医学の進歩によって、以前は有効な治療法がなかった病気でも現在では適切な治療を行えば治る病気もあります。そのー方で、まだ有効な治療法が見つかっていない病気があることも現実です。そのため、いろいろな研究が国内外で行われています。これまでの研究の成果として、同じお薬を使った患者さんでもお薬の効果に違いがあること、副作用のでやすい人とでにくい人がいることなど、患者さんによって違いがあることがわかってきました。その結果、より効果的で副作用の少ない治療を選択できるようになってきています。
より良い医療を患者さんへ提供するためには、これからも多くの医学の研究が必要です。そして、医療に役立つ研究を行うためには、患者さんの生体試料や診療情報などを集め、保管・管理し、活用できる仕組みが必要なのです。

研究への利用例

皆様からご提供いただいた生体試料・臨床情報は、病気の原因の解明、予防法の開発、検査法・診断法・治療法の開発、治療の効果や副作用のでかたの解明、新しいお薬の開発など、様々な医学の研究開発に活用されます。たとえば、ある薬を使用した際に、その薬がよく効く患者さんとあまり効かない患者さんがいらっしゃったり、副作用が強く出る患者さんとあまり出ない患者さんがいらっしゃったりと、薬への反応は個人差があります。
患者さんがこのいずれかに該当するかを事前に知ることができれば、不要な副作用を避け、その患者さんに最も効果を発揮する薬を使用することができます。バイオバンクから提供される生体試料や臨床情報はこうした研究のために利用されることが期待されています。