OKADAI BIOBANK 岡大バイオバンク
menu
研究者の皆様へ

保管試料情報

岡大バイオバンクでは、主に以下の試料を保管しています。以下に記載がない試料として、腫瘍浸潤性リンパ球(TIL)気管支肺胞洗浄液(BALF)などがあります。また、腫瘍組織と正常組織のペア(TNペア)組織と血液(血漿やPBMC)のペアTILと血液(血漿やPBMC)のペアなども保存をしています。詳細はお問い合わせフォームよりご相談ください。
血液
通常の検査のための採血と同時に、岡大バイオバンクのための血液を増量して採取しています。同じタイミングで採取をした組織やTILとのペアになっているものも多くあります。
組織
検査や診断、治療のために採取した組織の一部を岡大バイオバンクに保存しています。可能な限り、同じ組織を凍結・RNAlater・PAXgene(PFPE)の3種類に分割して保存しています。
尿・体腔液
検査や診断、治療のために採取した尿、胸水、腹水などの一部を岡大バイオバンクに保存しています。尿は、多くは随時尿ですが、一部は24時間蓄尿の保存もあります。
保管試料数
血液 組織 尿 体腔液
血漿 buffy coat 血清 細胞 凍結 RNAlater PFPE 細胞成分 液性成分

疾患

循環器系 406 406 42 166 33 33 33 0 0 0
呼吸器系 693 693 210 508 1109 1109 1109 0 129 43
消化器系 884 884 18 774 324 324 324 80 55 11
免疫系 131 131 43 95 0 0 0 75 0 0
内分泌系 325 325 137 223 287 287 287 105 0 0
神経系 162 162 2 160 130 130 130 0 0 0
皮膚系 36 36 11 47 7 7 7 0 0 0
筋骨格系 21 21 176 18 316 316 316 0 0 0
泌尿生殖器系 285 285 4 281 290 290 290 268 0 0
感覚器系 2 2 0 2 55 55 55 0 0 0
口腔系 90 90 271 59 38 38 38 0 0 0
その他 4 4 0 4 6 6 6 1 0 0
ここに掲載されていない生体試料もございますので、ご相談ください。
検体保存方法
血液
1
血清
上清を500μlずつ分注し、液体窒素で保存。
2
血漿、バフィーコート(buffy coat)
上清を500μlずつ分注し、液体窒素で保存。バフィーコートをー80℃で保存。
3
細胞
未梢血単核球(PBMC)を分離し、生細胞として液体窒素で保存。
組織
1
凍結保存
最大5mm角に細分化し、液体窒素で保存。
2
RNAlater保存
RNAlater保存液で固定後に、ー80℃で保存。
3
PFPE(PAXgene-fixed paraffin embedded tissue)保存
PAXgene液で固定後、パラフィン包埋ブロックを作成し、ー80℃で保存。