OKADAI BIOBANK 岡大バイオバンク
menu
研究者の皆様へ

受託解析・機器利用

受託解析

岡大バイオバンクでは所有している実験機器を利用した受託解析を承っております。受託解析の流れは次のようになります。
1
岡大バイオバンクへお問い合わせください。
2
受託解析の内容紹介などの必要書類をお送りします。
3
利用を希望される受託解析を電子メールにてお知らせください。
4
試料と試薬をご用意いただき、受注書と共にお送りください。
5
解析を実施し、終了後にご連絡いたします。
6
解析結果、残試料、残試薬を返送いたします。
受託解析の内容について
岡大バイオバンクでは生体試料の処理および解析を代行しております。受託解析サービスの詳しい内容は下記のPDFファイルをご参照ください。

機器利用

岡大バイオバンクでは各種の実験機器を所有しています。これら実験機器は、学内外問わずご利用いただけます。機器利用の流れは次のようになります。
1
岡大バイオバンクへお問い合わせください。
2
機器紹介などの必要書類をお送りします。
3
利用を希望される機器と日程を電子メールにてお知らせください。
4
予約日に機器をご利用ください。
機器の紹介
岡大バイオバンクでご利用頂ける機器およびソフトウェアの詳しい内容は、下記のPDFファイルをご参照ください。

その他の共同利用機器のご案内

ご利用を希望されている機器が岡大バイオバンクに設置されていない場合には、岡山大学の他の施設の利用もご検討ください。下記の各施設では、学内・学外の研究者の方に受託解析・機器利用を提供しています(受託解析・機器利用の代わりに,自己測定・依頼測定と呼んでいる施設もあります)。
岡山大学医学部 共同実験室のご紹介
岡山大学医学部 共同実験室(鹿田キャンパス)は、1949年から続く岡山大学医学部の共同利用施設です。学内・学外の方にご利用頂くことができます。 岡山大学医学部 共同実験室
岡山大学大学院医歯薬学総合研究科産学官連携センターのご紹介
岡山大学 大学院医歯薬学総合研究科 産学官連携センター(鹿田キャンパス)は、2011年に設置された産学官連携事業の支援のための施設です。学内・学外の方にご利用頂くことができます。 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科産学官連携センター
岡山大学自然生命科学研究支援センターのご紹介
岡山大学 自然生命科学研究支援センター(津島キャンパス)は、学内・学外の方に様々な研究機器をご利用頂くことができる共同利用施設です。放射線や放射性同位元素(RI)を用いた実験(動物実験を含む)も可能です。2016年に設置された設備・技術サポート推進室では、岡山大学内の「共同利用が可能な機器」の検索・窓口システムを提供しています。 岡山大学 自然生命科学研究支援センター